宅地建物取引主任者とは?

「宅地建物取引主任者」は国が実施する国家試験です

宅地建物取引主任者は、弁護士や税理士と同様、国が認める国家資格です。
民間資格や検定には合格してもあまり役に立たないものもありますが、国家試験ではそんな心配はありません。
持っていると必ずといって良いほど就職やキャリアアップに役立つものばかりです。
宅地建物取引主任者はそんな国家試験の一つなのです。
国家試験なので、問題文は法律的な単語や言い回しがほとんどで、初めて勉強する人には聞きなれない言葉が多く少し大変かもしれませんが、専門用語に慣れてしまえば比較的覚えやすいものが多いです。
出題される内容もほとんどが過去問の応用なので、過去問さえしっかり理解してしまえば合格する可能性が高いのも人気の理由の一つです。
試験内容は「民法・権利関係」「宅建業法」「その他の法令」などの分野に分かれていて、必ずしも不動産業に関わる内容だけではありません。
しっかり勉強してしまえば他の資格を取得する時に役立つ内容がたくさん盛り込まれています。
特に民法や権利に関する問題は他の国家試験でも頻出される分野です。
税理士や司法書士などの取得を視野に入れている人も国家試験の第一歩として受験してみると良いと思います。

「宅地建物取引主任者」は一生関わる不動産に関する資格です

衣食住業界は廃れることがない、とよく言われていますが、宅地建物取引主任者はその中の「住」に関わる資格です。
出題されるのは普通に生活している人なら必ず関わる内容なので、実際に業務に携わらなくても知識として役立つ資格です。
「不動産」という言葉を聞くと建物や土地の売買を想像してしまうので、売買ができるようなお金持ちにしか関係ないと思う人も多いと思いますが、この「住」の中には土地や建物の売買だけでなく、賃貸も含まれます。
一人暮らしをしたことのある人なら、マンションやアパートの賃貸契約を経験したことがあると思いますが、この賃貸契約も「不動産業」の一部になります。
既に土地や建物を持っている人なら固定資産税や贈与税等の知識も増えますし、勉強した知識を運用に役立てることも可能ですね。
また、不動産業界は残念ながら悪徳業者が多いことでも有名です。
不動産は知識や資格がないと参入できない業界なので、何も知らない素人は騙されやすい世界なのです。
土地を買う時、賃貸で部屋を借りる時、知識があれば悪徳業者に騙される心配もありませんし、家族や友人が怪しい不動産業者と取引をしそうになっていたら助けてあげることもできます。

主婦や学生でも「宅地建物取引主任者」を取得できます

宅地建物取引主任者は、国家試験の中でも特に受験資格に制限がありません。
過去に小学生が合格し、最年少合格者として新聞等で取り上げられたこともあります。
不動産業者に勤務している方は少しだけ優遇される制度がありますが、基本的には点数を取ることができれば合格するというシステムです。
実施年度によって合格点は変わりますが、だいたい7割以上正解していれば合格すると言われています。
7割の正解率と聞くと少し難易度が高い印象を受けるかもしれませんが、参考書と過去問をきちんとこなした人の合格率が高いこともあり、基本勉強ができていれば取得しやすい資格だといえます。
宅地建物取引主任者は取得したからといってすぐに独立開業できるというような資格ではありません。
不動産業を始めるには都道府県の許可を受けて免許を取得したり、営業保証金が必要だったりと、独立への壁は比較的高いです。
ただ将来不動産業に就きたいと考えている人や、土地や建物の売買に関わることがあるので基本的な知識を知っておきたいという方は取得する価値があると思います。
学生や主婦の方でも、勉強する時間さえあれば取得可能な資格ですので、興味のある人はぜひ挑戦してみて下さい。